Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「政治をおもちゃにするな」橋下氏のジャンケン発言

みんなの党の渡辺喜美代表は24日、都内での街頭演説で、日本維新の会の橋下徹代表代行が同党との選挙区調整に関し「最後はじゃんけんで決めていい」と発言したことについて「そんなばかなことが許されるのか」と反発した。「じゃんけんで決められるほど、いいかげんな候補者を選んでいない」
最初この記事目にしたとき、お笑い番組での「冷やかし」と思った。そうではなく、実際橋下徹氏がマジでいったこととわかって腹がたつより、「有権者を馬鹿にするな」「政治をお遊びにするな」と怒りに変わった。
橋下氏段々に化けの皮が禿げだしたのではないか。
しかし、マスコミが話題にしても、どこまできちんと、真面目に批判するか見守りたい。
この発言を「橋下氏らしい」などと免罪にするマスコミは、橋本氏と同質な信用がおけないマスコミとみなす。もちろん、肩を持つ政党、議員も同罪だ。

自民党負けると、日本は終わり?

きょう、自民党の石破茂・自民党幹事長の街頭演説がJR鳥取駅北口で150名ほど集めてあった。地元、鳥取一区の選挙区には選挙になると、党務と候補者応援で帰れない。最後の演説とのこと。
ところで、民主党をけなしにけなしたが、TPP問題になるとハギレが悪い。TPP参加は時代の流れと言ったり、しかし農業はしっかり守らなければいけないといったり。どっちつかず。そうですわ、地元は農業県。支持者には農業者が多い。はっきりさせきれない。
最後は「今度の選挙で自民党が負けるようなことになったら、日本の国はおしまいだ」と力説。本当でしょうか。

鳩山由紀夫氏、党の政策に従えず・・・。

きょうも総選挙関連で。
鳩山由紀夫・民主党最高顧問が今度の選挙で党公認の条件に「消費税増税」「TPP参加」のとうの政策に従うとの誓約書必要とされ、立候補を断念するという。しかし、民主党行き着くところまでいったということでしょうか。
党創立のの最大スポンサーの鳩山氏さえ従えないとうの政策。離党者もあとをたたず。選挙をする前に消えてしまいませんか?

公明党「公約」は選挙の時だけの方便?

連日選挙関係の話題になってしまいます。
石原慎太郎氏は「太陽の党」を溶解して、「日本維新の会」の代表に収まったら、今度の選挙で「維新の会」から比例東京ブロックに立候補するという。まったく節制のないというか、あまりにも手前勝手なお人だ。「尖閣諸島購入騒動」「オリンピック招致問題」などにきちんと始末を付けないままに、東京都知事の職を任期半ばで放り出し、国会に出たいとは。人を罵倒し、大声を出すのが「なにかやってくれそう、決めてくれそう」と映るのでしょうか。有権者も利口にならなければならないな。
次に、公明党が選挙公約を発表した。新聞報道は「いち早く政権公約を示し、政権奪還への意欲をアピールしたが、原発やTPPなどで自民党との違いもうきぼりになり、選挙後の政策調整に課題を残した格好だ」と。
山口代表は党本部での記者会見で「選挙は各政党らしさを出して戦うのだから主張がちがっても当然だ」と、問題ないとの認識を示した。
このコメントおかしくないですか。選挙の時には主張がちがっても、選挙が済んでしまえば自分たちの主張は脇に起き、仲間に入れてくれる党の公約に従うこともあるということか。有権者は公約を信じて投票したのに、裏切ることもあるということでしょう。この党らしいですけど。年金についても「百年安心」と公約したがいまでは「百年」どころか、年金を削減してしまった。先日も鳥取市内で公明党の県議は「消費税増税」の言い訳をあれやこれやならべたててしていましたが。

「太陽の党」と「日本維新の会」の合流、まだまだ注視を

大分に「太陽の党」と「日本維新の会」の合流がニュースになっているようですね。石原氏と橋下氏ご両人には待ってましたということでしょうか。しかし、全体的には「小異を捨てて」と言い訳してますが政策の双方都合の悪いものは「まーまー」として行くようですが先に合流ありだと批判的声も多いようです。しかし、「第3極」になんとか仕立てようとする流れは止まっていないでしょう。今後の動向に十分注視しておきたいと思います。特に橋下氏が次なる「劇場」を仕立てるかも知れないから。

Extra

プロフィール

多似智家

Author:多似智家
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

Flashカレンダー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

メールをおよせください

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。