Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://5841.blog120.fc2.com/tb.php/961-e87c861f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

日本舞踊”隅田川”に心打たれて

昨夜のNHKEテレで放送された「芸能百科繚乱」舞踊”隅田川”には堪能した。清元の謡で人さらいにあった子を探す母親役の花柳寿輔と船頭役の花柳基の二人の日本舞踊。人さらいにさらわれ行方知れない子を探し探して京の都から東(現在の東京)に下って来た母親が、疲れ果てた姿を見て声をかけた隅田川に船を出している船頭。船頭は母親をいたわりながら去年の弥生、それも今日と同じ日にそこであった悲しい出来事を語って聞かせた。それは人買いに連れられて旅をした幼子が慣れぬ旅に疲れはれ一歩も歩けない。非情な人買いはその子供を置き去りにしていってしまった。それを見て哀れんだ地元の人々が介抱したがそのかいなく命を落としてしまったいう。いまわのきわに子に生まれと名を訪ねたら里は白河、名前は梅若と告げたという。この子こそ母親の探し訪ねきた子だったのだ。母親は驚き身を悶え泣く。船頭に案内され子供の眠る塚へと母は尋ねる。塚を掘り返してでも子を抱きたい。塚に着ていた衣をかけてやる母親。三味線と清元に合わせて舞う姿。子を思う母の愛と嘆き。観賞する私に切々と伝わてくる。これまでも日本舞踊を鑑賞してきたがこれほどまでに謡と舞に心を奪われたことはなかった。昨今は母親が実子を殺める報道が日常茶判事のようになっていいるからか。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://5841.blog120.fc2.com/tb.php/961-e87c861f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

多似智家

Author:多似智家
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

Flashカレンダー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

メールをおよせください

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。