Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://5841.blog120.fc2.com/tb.php/917-da7cf0dd
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

本当の「おに」退治を

「鬼は外、福は内」子どもの頃には夜になると、家々から節分の豆まきの声が聞こえていた。貧しかった私に家でも豆まきはおこなった。狭い家の中、撒かれる豆が頭に当たり、「いたいがなー」といいながらまかれる豆を拾い集めたものだ。歳の数だけ豆を食べる慣わしだった。また、家族の歳の合計の数を和紙にくるんで、町内の四辻に捨てに行く慣わしもあった。捨てに行く者は途中口を利かない、豆の包みは後ろ向きで放ることも約束事だ。節分の翌朝は四辻は大豆が散乱していたのを覚えている。「恵方巻き」なる巻き寿司を食べるようになったのはいつごろからだろう。
ところで「鬼」とはなんなんだろう。「おに」という日本語は「陰(おん)」に由来し、「陰」とは、目に見えない気、主として邪気のことをさし、それが「おに」だとか。形の見えない災害、病、飢餓など、人間の想像力を超えた恐ろしい出来事は鬼の仕業だと考えられいたからだという。さて、現代はこれらの出来事はすべて「鬼」の仕業でしょうか。本当の「おに」を追い出してゆかなければと、節分に考えました。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://5841.blog120.fc2.com/tb.php/917-da7cf0dd
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

多似智家

Author:多似智家
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

Flashカレンダー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

メールをおよせください

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。