Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://5841.blog120.fc2.com/tb.php/90-74c9ad1d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

近い将来の日本の医療でなければいいが

先日映画「シッコを鑑賞した。シッコ(SICKO)とは「ビョウーキ」の意。監督は9・11多発テロ事件の裏にあるものを暴いた映画「華氏11」のマイケル・ムーアです。今回の作品はアメリカの医療ー民間保険制度ーの実態をドキュメンタリーで見せてくれる。冒頭の画面が足に大怪我をした男性が医者にかかれず自らぱっくり開いた傷口を縫っていく。アメリカには国民皆保険制度がない。そのため国民個々が民間保険に加入し、万が一の病気や怪我に備えるのだ。大病で治療費の支払いで廃業か破産に追いやられる。映画の内容は保険未加入の国民の実態よりも、民間の保険会社の保険にに加入していても実際にはそれが使えない、「?」そこを暴いていく。保険料支払いの段階となればさまざまな理由をつけて支払いを拒否していく。保険が保険となっていない。つぎつぎに画面に映りだされる人々の証言に驚きの連続でした。「国民皆保険制度」を社会主義思想を攻撃するのだから驚きだった。映画はあわせて国が責任を持つ保険制度のあるカナダ、イギリス、フランス、キューバなどと対比させて見せる。
このアメリカの現状はアメリカのこととしてみていていいのだろうか。日本でいま大問題の後期高齢者保険制度や介護保険制度。保険料が支払えなければ保険証が取り上げられ治療が受けられない。格差社会の中で保険料が支払えない人が増えていっている。片方では郵政民営化で簡易保険も「民営」に、保健分野も市場開放でアメリカ資本の保険会社が雨後の筍で、資本力にまかせて派手な宣伝で売り込む。「アリコ」保険などその典型だ。国民健康保険では満足な治療はしてもらえずに、満足な治療を受けようとすれば民間保険に加入できる金にゆとりのあるものだけ。しかし、それも安心できないのがこの映画「シッコ」が教えてくれている。なのもかもアメリカナイズされる日本。近い将来の日本の医療にさせないためにも後期高齢者医療制度を中止、廃止させなければと、この映画を見てよりその思いを強くした。ぜひ、多くの人に見てもらいたい映画だ。

写真はクリックすると拡大します。
DSCN0859_convert_20080522215200.jpg
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://5841.blog120.fc2.com/tb.php/90-74c9ad1d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

多似智家

Author:多似智家
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

Flashカレンダー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

メールをおよせください

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。