Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://5841.blog120.fc2.com/tb.php/841-0cd0151d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

好きなものを食べる日がくれば・・・

ことし97歳になる母はいま入院、加療中です。
痛みはないのか、「痛い、痛い」ともいわずにベッドで静かに毎日を過ごしてくれてくれて、看病する側はありがたいことです。
食事はプリン風のものと練り物です。
プリン風のものは好物なのか、口当たりがいいのか自分で手にとって食べてくれますが、練り物は一口食べると「いらん」と拒否します。
だから時間を空けてさもいま来た食事のように行ってひとくずつ食べさせます。食べたことを忘れるんでしょうか。少々切ない気もしますが・・・。
でも、ほかに食べたいものはとボードに書いて訪ねると(眼鏡をかけずに字を読みまともな返答ができます。・・・ここが又不思議ですがお寿司と生菓子と答えます。でも、入れ歯をはずしての食事で、のどに詰まらせてはと心配で食べさせれません。母はいつ食べさせるかとまっているのかすぐ言った後で忘れるのか催促はありません。
そして何よりもほしいのは「お金」といいます。病の床にありながら「?」の思いがします。
少しでも調子が戻れば、お寿司を食べさせたいと思います。
その日が早くくればと、食事の介助をする毎日です。

庭に花が咲く
DSCN3422_convert_20090605214019.jpg
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://5841.blog120.fc2.com/tb.php/841-0cd0151d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

多似智家

Author:多似智家
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

Flashカレンダー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

メールをおよせください

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。