Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://5841.blog120.fc2.com/tb.php/814-2ae6460e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

冤罪・名張毒ぶどう酒事件の真実を知る集い。

なぜ、一審無罪が二審では極刑・死刑になるのか。あたらしい証拠で再審開始決定が出されたのに、その再審をまったくおこなわずに再審開始決定を取り消す。
普通では考えられないことだ。生身の人の命がかかっているのに。
これが日本の今の裁判の仕組みなのです。
こうした裁判で犠牲にされ冤罪をかけられている事件が日本には多くあります。
そのひとつ、冤罪・名張毒ぶどう酒事件。
1961年山深い村の公民館で起きた大量殺人事件。
その犯人とされた奥西勝さん。当初は執拗な取調べで一度は嘘の自白したものの、起訴直前には自白を撤回し、以後一貫して無実を主張しています。
一審は無罪判決が二審では死刑。最高裁で確定。以後再審請求を重ね、2005年4月、新証拠の使用されたとする農薬が異種。開けたとする王冠も事件のものではないことが明らかになり再審開始決定がでる。しかし再審開始はされず決定を取り消す不当決定がだされて、いま、最高裁で審理中。
明日はこの事件の特別面会人の稲生昌三さんが来鳥され、18時から鳥取市高齢者福祉センターで真実を聞く集いを開きます。
21日から始まった裁判員制度が生かされて無実の人の命が奪われることのないようにしていくためにも、しっかり名張毒ぶどう酒事件の真実を聞いてきたい。

庭に花咲く
DSCN3333_convert_20090521205525.jpg

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://5841.blog120.fc2.com/tb.php/814-2ae6460e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

多似智家

Author:多似智家
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

Flashカレンダー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

メールをおよせください

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。