Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://5841.blog120.fc2.com/tb.php/659-7ddb7aeb
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

なつかしい童謡・唱歌?おわり

童謡、唱歌の作曲家の岡野貞一、田村虎蔵はともに鳥取県東部の出身。市内を流れる袋川沿いの通称桜土手の一角に曲名のプレイトが並んでいます。
それを紹介してみたいと思います。思い出して口ずさんで見ませんか。
きょうは「三才女」
芳賀矢一・作詞 岡野貞一・作曲
DSCN2766_convert_20090304202721.jpg

色香(いろか)も深き 紅梅の
枝に結びて 勅(ちょく)なれば
いともかしこし うぐいすの
問わば如何(いか)にと 雲居(くもい)まで
聞こえ上げたる 言(こと)の葉は
幾代(いくよ)の春か かおるらん

みすのうちより 宮人(みやびと)の
袖(そで)引き止めて 大江山
いく野の道の 遠ければ
ふみ見ずと言いし 言の葉は
天の橋立(あまのはしだて) 末かけて
後(のち)の世永く くちざらん

后(きさい)の宮の 仰言(おおせごと)
御声(みこえ)のもとに 古(いにしえ)の
奈良の都(みやこ)の 八重桜(やえざくら)
今日(きょう)九重(ここのえ)に においぬと
仕(つこ)うまつりし 言の葉の
花は千歳(ちとせ)も 散らざらん
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://5841.blog120.fc2.com/tb.php/659-7ddb7aeb
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

多似智家

Author:多似智家
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

Flashカレンダー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

メールをおよせください

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。