Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://5841.blog120.fc2.com/tb.php/655-dc7eeddb
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

なつかしい童謡・唱歌?

童謡、唱歌の作曲家の岡野貞一、田村虎蔵はともに鳥取県東部の出身。市内を流れる袋川沿いの通称桜土手の一角に曲名のプレイトが並んでいます。
それを紹介してみたいと思います。思い出して口ずさんで見ませんか。
きょうは「鎌倉」
芳賀知一・作詞 岡野貞一・作曲 (一部に作曲者不詳とするものもあり)
DSCN2767_convert_20090301210212.jpg

1、
七里ガ浜の磯伝い、
稲村ケ崎、名将の
剣投ぜし古戦場。(注1) しちりがはまのいそづたい、
いなむらがさき、めいしょうの
つるぎとうぜしこせんじょう。


2、
極楽寺坂越え行けば、
長谷観音の堂近く
露坐の大仏おわします。(注2) ごくらくじざかこえゆけば、
はせかんのんのどうちかく
ろざのだいぶつおわします。


3、
由比の浜べを右に見て
雪の下村過行けば、
八幡宮の御社。(注3) ゆいのはまべをみぎにみて
ゆきのしたむらすぎゆけば、
はちまんぐうのおんやしろ。


4、
上るや石のきざはしの
左に高き大銀杏、
問わばや、遠き世々の跡。(注4) のぼるやいしのきざはしの
ひだりにたかきおおいちょう、
とわばや、とおきよよのあと。


5、
若宮堂の舞の袖
しずのおだまきくりかえし
返せし人をしのびつつ。(注5) わかみやどうのまいのそで
しずのおだまきくりかえし
かえせしひとをしのびつつ。


6、
鎌倉宮にもうでては、
尽きせぬ親王のみうらみに
悲憤の涙わきぬべし。(注6) かまくらぐうにもうでては、
つきせぬみこのみうらみに
ひふんのなみだわきぬべし。


7、
歴史は長き七百年、
興亡すべてゆめに似て、
英雄墓はこけ蒸しぬ。(注7) れきしはながきしちひゃくねん、
こうぼうすべてはゆめににて、
えいゆうはかはこけむしね。


8、
建長円覚古寺の
山門高き松風に、
昔の音やこもるらん。(注8) けんちょうえんがくふるでらの
さんもんたかきまつかぜに、
むかしのおとやこもるらん。

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://5841.blog120.fc2.com/tb.php/655-dc7eeddb
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

多似智家

Author:多似智家
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

Flashカレンダー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

メールをおよせください

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。