Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://5841.blog120.fc2.com/tb.php/644-9c9575cd
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

おめでとう。映画「おくりびと」アカデミー賞受賞。

 おめでとう。映画「おくりびと」が米アカデミー賞外国語部門でグランプリ賞を受賞した。日本映画では初の受賞という快挙。

 わたしは鳥取市内の映画館で上映最終日に鑑賞できました。

 「納棺師」死者の体を清め、顔をきれいに化粧し、黄泉の世界への旅立ちの仕度をしてくれる。

 一昨年の暮れに、義兄と叔父を相次いで送り出すときに「納棺師」に出会い、その仕事振りを目の当たりにした。静寂のなか遺族、親族がみつめるなかで丁寧でそれでいて手際よく進められていく仕事ぶりに感心した。

 だからこの仕事がどのように映像化されるのか関心があった。

 所属していた楽団の突然の解散、チェロ奏者の主人公は失業し、妻とともに故郷に帰り生活のためについた職が「納棺師」 妻からも友人からもさげすまされても「納棺師」の仕事に入りこんでよく主人公。死者のそれまでの人生、死者にかかわる人々と主人公の心の葛藤が時にはユーモアな場面も織り込まれながら描かれていく。幼いときにチェロを教えてくれた行方知れずとなっていた父の突然の死の知らせ、うらみつらみを抱きながらの父の遺体を納棺の支度をしながら和解していく主人公。

 映画の中にながれるチェロ演奏の曲、最後の主人公のチェロ演奏の場面は印象深かった。

 また山崎努が演じる主人公を雇う葬儀屋の社長の演技は映画に深まりを持たせた。すごいと思った。

 ぜひ再度鑑賞した映画だ。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://5841.blog120.fc2.com/tb.php/644-9c9575cd
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

多似智家

Author:多似智家
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

Flashカレンダー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

メールをおよせください

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。