Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://5841.blog120.fc2.com/tb.php/603-181d8f67
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

民主主義破壊の議員定数削減許されない

 「税金を節約」と言えばなんでもありなのでしょうか。

 消費税の増税にも関連させて、与党や民主党が「自ら身を削るばきだ」として、国会議員の定数削減を声高に主張しだしている。

 国会議員は、国民と国会を結ぶパイプであり、少なければ少ないほどいいというのは暴論だし、民主主義の破壊である。

 いまこの間の官庁の不祥事を槍玉に挙げ、十把一絡げで必要な「税金」の使い方まで極端にきろうとする傾向がつよい。

 マスコミもよりセンショナルに取り上げ報道する。

 国会はいまでも小選挙区制で民主的な議員選出が阻害され、二世議員の増加、政策不勉強、大企業やアメリカの代弁議員がおおくなってきている。

 そうした議員の質低下の根本を変えず、「役たたず議員多い=税金の無駄使い」の図式をつくりあげて民主主義破壊の国会議員定数削減は許されない。

 削減も一番民意を反映できる比例代表部部分を削減対象にしていることは危険だ。

 「身を切る」「経費削減」「税金の無駄使い是正」するなら、憲法違反の「政党助成金」を返上、廃止すべきです。

 自分たちの美味い汁の部分は手を付けず、民主主義破壊につながる議員定数策言論に反対します。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://5841.blog120.fc2.com/tb.php/603-181d8f67
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

多似智家

Author:多似智家
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

Flashカレンダー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

メールをおよせください

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。