FC2ブログ

Entries

幸運を呼ぶか「恵方巻」

 ここのところ、食品スパーマーケット、コンビニ、弁当屋の店頭や新聞折込で2月3日節分の日に、「恵方巻」を食べようと売り込みがにぎやかだ。

 その年の年神がいる方向(ことしの恵方は東北東だそうです)を向いて、無言で巻き寿司の太巻きを丸かぶりすると、幸運が訪れるというのだ。

 これは「福を巻き込む」という願いからきており、切らずに食べるのは「縁を切らない」という理由があるのだとか。

 広告の中には、使用している寿司海苔は無病息災を願って松江市宍道町の「菅原天満宮」にてご祈祷ずみと書かれたものもある。

 この風習は関西方面には古くからあったらしいが、全国区的になったのはつい最近のことではないか。商戦の知恵の勝利ともいえる。

 チョコレートを贈るバレンタインデーもそうだろうし、年越しソバならぬ年明けにはうどんを食べる慣習づくりがはじまったともいわれる。

 昔は節分にはヒイラギの葉っぱと魚のいわしの頭を戸口に置き鬼を家の中に入れない、豆は年の数だけ食べる、家族の年の合計の豆を十字路に捨ててくる(道中は無言)などの風習があり、節分の翌日の朝は十字路が大豆の山になっていた。

 それぞれの時代にさまざまな風習が生み出され、それが多数に支持されれば定着してゆく。

 それにしても、恵方巻きで幸運が呼べるのなら、国民みんなで食してみたい。リストラされた非正規労働者には食べてもらいたい。定額給付金より効果大ではなかろうか。
スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://5841.blog120.fc2.com/tb.php/598-8bd97aa4
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

多似智家

Author:多似智家
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

Flashカレンダー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

メールをおよせください

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR