Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://5841.blog120.fc2.com/tb.php/573-747321b9
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ソマリア沖への自衛隊派兵はゆるされない

 きょう鳥取市「9条の会」の世話人会が開かれました。

 そこで代表世話人の上田さんから次のような話があった。
「日本人は もし 日本が戦争をしていなかったら いまのようなすばらしい内容を持つ憲法を 作っただろうか」という趣旨だった。上田さんは 「日本は世界でもめずらしい革命を経験していない国だから」と。

 これは アジア人2千万人、日本人300万人といわれる犠牲者のもとに作られた日本国憲法の重みを言い表されたものと思いました。

 ああした戦争を体験しなければ「絶対」に作れないとは断言はしないが。(人間の理性の発展もあるので)しかし、現憲法は戦争の苦い教訓のなかでつくりあげられた「戦争放棄」を明確にした憲法なのです。
 
 しかしいま、麻生首相と自民・公明両党は現行の自衛隊法を最大限拡大解釈して、「海賊対策」を口実にしてソマリア沖に海上自衛隊を派兵しようとしています。
本来は海上警備行動は第一義的には、海上保安庁の責務なのだが、今回は自衛隊主役の活動にしています。

 「海賊退治対策」とは、聞こえがいいが、ではなぜ自衛隊派兵なのかは明確にされていない。
アメリカのオバマ新政権の関心を呼ぼうとするのでしょうか。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://5841.blog120.fc2.com/tb.php/573-747321b9
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

多似智家

Author:多似智家
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

Flashカレンダー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

メールをおよせください

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。