Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://5841.blog120.fc2.com/tb.php/519-f9fc1910
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

少々食傷気味のイルミネーション

 12月に入ると、日が落ちるとともに街のあちこちが赤、青・・多彩な電気の光がチカチカと光りだす。
街路樹、家々のベランダや庭、建物全体が。街中をはずれても田の中、橋の全体が。規模も庭の片隅のものから、わざわざ大型の造形物を作ってまで。

 そう、イルミネーションという、小さな電球を使い飾りつけるもの。

 いつごろからこんなにはやりだしたのだろうか。
あの阪神・淡路大震災の後、犠牲者を鎮魂するためにと1995年(平成7年)に「神戸ルミナリエ」がはじまってから、急に増え出したようにも思います。

 鳥取市のメインストリートの若桜街道の樹木にも施され青い電飾がチカチカ。驚いたことには若桜橋の欄干にまで飾り立てられていた。

 非正規労働者を多数リストラをおこなった三洋電機まで、街路沿いの建物を青色を基調にした電飾をおこなっている。華やかな電飾の光の陰では、職を失い、住居を失い、年越しもままならない労働者がいると思うとなぜか違和感を感じる。

 街中にあふれるイルミネーション。少々食傷気味なのは私だけなのでしょうか。地球にやさしくといいながらどうなのでしょう。


スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://5841.blog120.fc2.com/tb.php/519-f9fc1910
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

多似智家

Author:多似智家
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

Flashカレンダー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

メールをおよせください

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。