Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://5841.blog120.fc2.com/tb.php/439-6d90eaf3
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

あいまいにできない田母神前空幕長論文問題

 日本が侵略国家というのはぬれぎぬ」との論文発表した、田母神前空幕長の参議院での参考人招致の内容の報道に改めて防衛省内に平和憲法を否定する危険な考えが蔓延していることに驚かされた。

 田母神氏は持論の批判に対して、「言論の自由」を持ち出して自分の行為を正当化しようとしたが、そもそも自衛官に任官の際には、「憲法の順守」を宣誓しているではないか。

 また、彼は集団自衛権の行使を禁じた政府見解と憲法九条について「国を守ることについてこれほど意見が分かれているものは変えたほうがいい」と述べ、憲法改憲が必要とまで持論を主張した。

 そもそも彼は懸賞論文が最高賞ととったことに嬉々として防衛大臣にまで報告しようとした伝えられているが、まさに防衛省内にはこうした違憲を容認する状況があったということではないか。

 自民党の安全保障調査会などでは、田母神氏の「論文は問題とは思わない」など擁護し、更迭に疑問視する声も相次いだと報道されています。

 安倍元首相の退陣で、日本の侵略戦争を美化する、「靖国派」の運動が停滞したかに見えたがそうではなかった。
田母神氏の強気の発言の中には、森、安倍両元首相の後ろ盾があるとも言われる。

田母神氏が「靖国派」の復活の先陣を切り開く役割をになっているのだろうか。
いずれにしても、国会は今回の問題をこれで終わりにせず、徹底究明をやって欲しい。
わたくしたちも「憲法九条」を守り生かしていく運動をさらに広げてゆきたい。

秋 深まる 菊
DSCN2096_convert_20081112000236.jpg
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://5841.blog120.fc2.com/tb.php/439-6d90eaf3
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

多似智家

Author:多似智家
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

Flashカレンダー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

メールをおよせください

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。