Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://5841.blog120.fc2.com/tb.php/286-0e98c482
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

歳老いてゆくこと

 私には96歳になる母がいる。終戦の一年前の夏、夫は徴用で呉の海軍工廠に。慣れない労働で健康を害し同年年末に病死。32歳で未亡人となった母は、4人の子供を育て戦後を生きてきた人。いまはグループホームで暮らしている。軽いボケ症状があるものの日常の生活はそう不便もなく暮らしてきた。

 ところがここ2ヶ月ばかしは、終日ベッドで横になりうつらうつらの毎日だ。食欲もあまりない。
「食べなければ」と施設の職員さんもなだめすかすが、性格もあり「がん」と受け付けない日々が続いた。「腹がすき食べたくなったら食べるでしょう。食べなければ食べないでかまいません」と職員さんにいったものの母のことは気になる。盆入りの日にデパートで寿司の折を買い持参、ものは試しと母に広げて見せると以外に自分で手を出し、横になったままだったが海苔巻一切れとバッテラを二つ食べてくれました。正直びっくりしました。そこで盆中はお昼に寿司を買い食べさせました。その後も何回か訪問のつど寿司を持参し食べてもらいました。

 きょうは通院日だったが車で20分程度かかる医院まで連れて行くのが困難と判断、医師に相談したら快く往診を承諾してもらえた。しかし、医師からは血液検査の結果で肝臓が弱っていて、年内に急変の可能性もあり心しておいてとの言葉。いづれはそういう時期も時間の問題とは思っていたが医師から告げられると「うっ」という気持ちになる。

 人間年老いてゆくことは避けられないが思いつつも、夫を亡くし64年間の人生をどういゆ思い出すごしてきたのか母は語らない。強い人の一言で済ましていいのかとも思う。明日の往診の結果でどう進展するか。

DSCN1613_convert_20080825223254.jpg

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://5841.blog120.fc2.com/tb.php/286-0e98c482
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

多似智家

Author:多似智家
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

Flashカレンダー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

メールをおよせください

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。