Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://5841.blog120.fc2.com/tb.php/214-ff6c87ae
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

経営トップの危機感と展望示す日本共産党委員長の記念講演

今日の地元紙のトップ吉岡氏が一面紙面で「迫る未曾有の世界不況」と題して論説している。
少々長くなるが要点を紹介します。
吉岡氏は「サプブライムローン問題で噴出した米国経済崩壊は、原油と食糧の価格上昇と相まって、世界中が『不況下で物価高』という最悪の危機に陥ろうとしている」「敗戦国日本を一流に押し上げた戦後のわが国の企業経営は、株主より顧客や従業員を大事にすることで成り立ってきた。苦しくともお得意さんを困らせるような商品価格転嫁を極力控え、正規雇用された社員がコツコツと一生懸命に働いた。善良な株主はもともと生活にゆとりのある人たちだから、無理やり株主配当金を求めるような態度はとらず、企業にじっくりと体力を付けさせた。企業は互いに株を持ち合い、外敵による乗っ取りなどの被害に遭わないように防衛した。」しかしいまは「構造改革の名の下に、日本企業の伝統を無視して丸裸にし米国ハゲタカ外資に放り投げた。今や経営者は、物をいう株主を恐れ、保身のために株主利益を優先し消費者を無視、すぐ商品値上げに走るようになった。従業員には非正規雇用者が増え、若者たちは人生設計すらたてられない。特に各業界のリーダー企業経営者の社会的責任感欠如は顕著だ」「米国から見れば、日本は何でも言いなりになってくれる都合のよい国」だとし与党、官僚、民主党などは「国民からみれば実に頼りない」
吉岡氏は最後に「もう一度いうが、今の世界経済危機は深刻で根深い。対応力のない無能な政治家や官僚、経営者では到底乗り切れないのに国民が『自分の生活に関係ない』と思って任せきりの間に、世の中はどんどん悪くなっている」と。

 吉岡氏が縷々述べている問題点はまさにいまの日本の病の奥深さを指摘している。この通りだと同感します。しかし、これをでだけは同解決していくかは示しては居ないのではないか。なにか政治家や経営者のこうしたことを許してきたのは国民だ。どうすると国民に責任転嫁のように思える。

 またマスコミ紙のトップの人ならば、これまでの報道はこうした政治を厳しく批判するのではなく追随の報道が多かったことへの反省も必要ではないか。選挙のたび二大政党なるもので単に自民か民主かと政権選択をはやしたて政治の中身での改革を報道する姿勢は見られなかった。

 こう行き詰まった日本をどうかえるのかの展望をしっかり示してくれたのが、昨22日夜の日本共産党創立86周年記念講演会での志位和夫委員長の講演です。
志位委員長は「いま日本で起きている現象問題点雇用、後期高齢者医療制度、農業と食料をあげて国民の利益、世界の前途がかかった「決定的な場面」で、日本共産党が勇気をもって掲げた旗が「はじめは孤立しているように見えても歴史を切り開いてきた」と述べたが事実と照らしてみると正にその通りだ。派遣法大改悪、2000年の健保法改悪の付帯決議、WTO農業協定の受け入れというそれぞれの「決定的な場面」で反対をつらぬいた日本共産党。そのはんだいの態度が正しかったことがいま正に立証されている。アメリカの数々の無法な日本への圧力に対しても毅然とした態度をとってきたことの正しさはだれが見て納得だ。
 
 志位委員長は吉岡氏も危機を語る投機マネーの問題でも、ブルドックソースやアデランスの群がるはげたかファンドの真の狙い、企業を成長させるのではなく利潤追求のみが目的である実態もわかりやすく話ている。
 いま日本でも「資本主義は限界か」という議論が始まり、その答えを日本共産党に求めてきている「新しい状況がある」と指摘。「いま起こっている変化は、社会と経済の枠組みを根本から問う新しい
時代が始まったことを予感させる」
と述べました。

 志位委員長は投機マネー規制や環境問題で日本が積極的役割を果たす上でも「ルールある経済社会」づくりが避け通れないことを解明しました。

 日本共産党が言うように「大企業中心」「アメリカいいなり」の政治悪を正すことこそ、ゆきづまっている日本を再生し正しい方向に向かう道だ。
こらは吉岡氏が抱いている不安への回答だと思います。


DSCN1201_convert_20080722232908.jpg
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://5841.blog120.fc2.com/tb.php/214-ff6c87ae
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

多似智家

Author:多似智家
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

Flashカレンダー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

メールをおよせください

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。