Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://5841.blog120.fc2.com/tb.php/163-c8acc55b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

やはり「憲法9条」の戦争を許さない力は偉大

鳥取市「9条の会」の憲法学習講座(中村英樹・鳥取大学地域学部講師=憲法学=)に参加しました。

今回は「自民党の新憲法草案を読む」の二回目。自衛権と自衛隊の問題について学びました。特に今回の学習のなかで強く感じたのは「集団自衛権」?自国と密接な関係にある外国に対する武力攻撃を、自国に直接攻撃されていないにもかかわらず、実力をもって阻止する権利ーの行使を今日まで許さず、戦後今日まで他国民を殺すことのない日本としてきた「力」が憲法九条でであること。政府、自民党はアメリカとともに武器を持ち「海外で戦争する」日本にしようとあの手この手の「解釈」を労しても「憲法9条」が明確に阻止している。

梅雨にはアジサイが映えます
自民党の新憲法草案は憲法9条2項ー前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。?削除し、「自衛軍」の明記、「集団的自衛権」について明文化せず、自衛軍の国家統制、付加任務、組織・統制をすべて法律事項に委任(=具体的なことはすべて国会で決める)としている。時の政府の都合のよい法律で武力行使をおこなえるとすろものだ。
 
講師の中村さんは憲法学者の長谷部恭男氏の論文を紹介された。わたしはそのなかの「集団自衛権は、自国の安全と他国の安全とを鎖でつなぐ議論であり、国家としての自主独立の行動を保障するはずはない。自国の安全が脅かされているときさしたる根拠もないのに言い張る外国の後を犬のようについて行って、とんでもない事態に巻き込まれないように、あらかじめ集団的自衛権を憲法で否定しておくというのは、合理的自己拘束として、十分ありうる選択肢である」に同感した。

梅雨にはアジサイが映えます。DSCN1002_convert_20080629212424.jpg


スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://5841.blog120.fc2.com/tb.php/163-c8acc55b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

多似智家

Author:多似智家
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

Flashカレンダー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

メールをおよせください

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。