Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://5841.blog120.fc2.com/tb.php/129-0d66fab3
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

「誰でもよかった」・・・

 秋葉原での無差別通り魔殺害事件。犠牲となられた方々のご冥福をお祈りいたします。
事件をテレビの速報で知りました。なぜ、毎日のように訳もなくーいや、犯人にはそれなりの訳があるのかも知れないがー簡単に人の命を奪う事件が起きるような国になってしまったのだろうか。今回の犯人の青年の「誰でもよかった」という。岡山駅でのホームで男性を突き落とし死なせた少年も言った。帰宅した女性を殺害し死体を処理した派遣社員も自分の欲望を満たせれば「誰でも」だったのだろう。

 こうした事件の背景を社会の責任だけに転化する気はないが、でもテロの危険があるといっては向う三軒両隣互いに監視する体制がつくられたり、年寄りを粗末にしたり、すべての社会の仕組みを競争社会にし負け組みの師弟は、幼児段階からすでに負け組みのグループに投げ込まれる。
 戦争も「誰でもいい」殺し合いの場。それも政府ー時の権力者がー仕組んでの人の殺し合いだ。

 今回の犯人の青年も罪を犯す青年が口にする「人生の先の展望がみえない」という。
 事件を知らせるテロップが流れるテレビ番組では、若者たちが面白おかしく騒いでいる。
 このギャップ。本当に今の日本どうなっているのか。・・・
 一方では小説「蟹工船」を読み、闘いに立ち上がりはじめた青年達。

 共産党の不破前議長は先日テレビ番組のなかで「今の時代が自分たちにふさわしくなければ、自分たちの手で作り変えていこう」の趣旨のメッセージを青年たちに贈られた。
 
 犠牲者・宮本直樹さんの父親の「こんなことが起きない社会になってほしい」の言葉は重い。多くの日本人の思いだとおもいます。

 
 

 
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://5841.blog120.fc2.com/tb.php/129-0d66fab3
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

多似智家

Author:多似智家
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

Flashカレンダー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

メールをおよせください

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。