Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://5841.blog120.fc2.com/tb.php/1024-902933a1
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

取り調べの全記録、証拠品の全部開示こそえん罪をなくせる

12年ぶりに裁判やり直し(一審は無罪、二審の高裁で逆転有罪確定)検察側が異例の無実主張。1997年に起きた東京電力の女性社員殺害事件。無実を主張続けたネパール国籍のゴビンダ・プラサド・マイナリさん(46)、無期懲役が確定していましたが、検察側が再審請求審や再審開始決定後に行なった追加のDNA型鑑定で、犯行現場に被害者と最後に接触した第三者がいた可能性浮上し、29日、東京高裁で開かれた再審(裁判のやり直し)初公判で、検察側から異例の無罪の主張が行われました。次回の11月7日の判決で、マイナリさんに無罪が言い渡されることが確定的になりました。
検察側は公判では謝罪せず、控訴取り下げも「法的にできない」としました。
再審開始請求審で、弁護士側が検察がそれまで開示していなかった犯行現場の遺留物のDNA鑑定を求め、東京高裁は「第三者が殺害した疑いがある」と再審開始を決めました。検察側は再審開始決定後に行なった被害者の爪の付着物の鑑定で、同じ第三者のGNA型が見つかり、マイナリさん有罪の主張ができなくなりました。
東京高検「捜査・公判活動に特段の問題はなかった」と話していますが、開示を拒み続けた証拠の遺留物に無罪を確定出来るものがあったのです。多くの国民は証拠品はすべて弁護側にも平等に開示されると思っていますがそうではないのです。検察が「見せたくない」と言い張れば開示しなくてもいいことになっているのです。これまでにも検察が」開示を拒み続けた証拠の中に無実を証明できるものがあった事件が多くあります。
いま取り調べの全記録すること、証拠品の全開示を求める運動が行われています。
冤罪事件をなくすために、当然です。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://5841.blog120.fc2.com/tb.php/1024-902933a1
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

多似智家

Author:多似智家
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

Flashカレンダー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

メールをおよせください

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。