FC2ブログ

Entries

平和大行進と鳥取市の自衛隊誘致検討委員会要綱

原水爆禁止国民平和大行進は明日午後2時に岩美町東浜で兵庫県から引き継ぎます。
18時から19時30分まで鳥取市高齢者福祉センターで前夜祭します。
おいしいクッキーも用意しています。ぜひご参加ください。
行進は10日岩美町駅前を9時に出発して鳥取駅前まで行います。
問い合わせは携帯電話090?9501?6789に
ところで鳥取市は自衛隊誘致を検討していますが、その検討会の要綱と委員の名簿を写真にして載せます。
DSCN3506_convert_20090708210207.jpg  DSCN3509_convert_20090708210337.jpg

今日は七夕

7月7日。きょうは七夕であちこちに笹に短冊を飾った七 夕飾りが商店街や病院のフロアに置かれています。
短冊にはどんな願いが書かれるのでしょうか。最近は子供たちの短冊に書かれた願いことが子供子供したものが少ないといわれて言われます。
昔は何を買って欲しいとか何々になりたい、上達したいというものだったが、最近は家族の健康や親の仕事がうまくいくようになどに変わってきていると。
わたしも病院で短冊を渡され悩みなしたが、結局「家族がみんな健康で毎日を笑顔ですごせるように」のありきたりのものでした。
改まると難しいです。
今日の夜の空は曇りで天の川は見えません。
DSCN3511_convert_20090708210455.jpg

核廃絶を訴えます

きょうは真夏日のような強い日差しがさしました。
きょうは定例の核兵器廃絶を訴える6・9行動の日。
午後12時半から30分のハンド宣伝と署名運動です。
私はハンドマイクで核廃絶に向けて世界が大きく動き出していることを紹介しました。
また9日に鳥取県に入ってくる原水爆禁止国民平和大行進も紹介し、行進に一歩でも二歩でも参加してもらうことを訴えました。
署名が10数筆と募金が600円。
この行動に新しい顔が見えていたのはうれしいことです。

「政権交代」=民主党はおかしいぞ

最近「えっ」と思う言葉があります。
それはいま当たり前のように使っている言葉です。
それは「政権交代」です。
毎日毎日、新聞、テレビで使われていますが、これって民主党の「スローガン」ではないですが。
いま日本の政党の中で「政権交代」を二言目には使っているのは民主党ですよ。
自民党の政治を変えたいと思っている国民は多いと思いますが、与党政党の名が自民党から民主党にかわっただけでは政治は変わらないでしょうし。
なにか国民は「政権交代」の四文字に、暗示をかけられてしまっているような気がします。マスコミも「政権交代」イーコル民主党という単純なつかいかたをしないこと。政治の中身を正確に多面的に取り上げて報道すべきでしょう。

雨ー平和行進ー自衛隊ー9条

鳥取市内は午後2時前からの天気は異常でした。
雷はなり、降る雨といえばバケツの水をひっくり返した以上の量のものが天から落ちてくる感じ。
それも一時ではなく一時間以上続きました。
暑い日といえば真夏日のような暑さとなります。
やはり地球環境の破壊が進んでいるのでしょうか。
どしゃぶりの雨の中
原水爆禁止国民平和大行進が通る若桜街道と智頭街道の沿線の商店街に通過お知らせのビラを配布してきました。
一軒の商店で「うちには関係ない」と受け取りを拒否されたそうだが、全体的には気持ちよく受け取っていただいた。
それにしてもシャッターを降ろしている店舗が多いのには改めて驚かされました。
普段は自動車で通過するのでこれほどまでにシャッター通りとは気がつきませんでした。
やはりお店が開いていてこそ客足も伸びるとは思いますが、客足が少ないから店舗を閉めるというのではますます寂れてしまいます。(商店主にすればわかっちゃいるけどでしょが)
鳥取市の竹内功市長は、この打開策に「自衛隊」誘致を考えいるようです。
本当に自衛隊がやってくれば街が活性化するのでしょうか。
みんなで考えてみる必要があります。
鳥取市の「九条の会」でも、7月18日会結成3周年記念に名古屋イラク自衛隊派兵差止裁判で活躍された岡本晴美弁護士の講演の後、パネルディスカッションをおこない自衛隊について多面的にディスカッッションしてもらいます。
多くの人に参加してもらいたい。

総選挙で審判を、政治とかね問題

それにしても鳩山由紀夫民主党代表の「故人献金」問題はひどいものだ。
勝手に使った名前は全体の八割にもなるという報道もあります。
「故人」の使用はもってのほかですし、恩師の名前まで虚偽に使用とはあきれはてます。
鳩山氏は説明責任は果たしたといいますが、国民はだれも納得はしていないでしょう。
それにしても、民主党も党自身が調査して解明することはできないようでは、政権交代をたとえしたとしても信用できないですよ。
党としてけじめをつければ自民党との差が歴然として国民の支持も得られるでしょうに。
こうしてきたない政治と金の問題を根絶するには、企業献金をきっぱり中止することです。
近く行われる総選挙では、こうした問題にきちんと審判を下したいものです。

「地方分権」で煙に巻くな

衆議院解散・総選挙が取りざたされる中でにわかに「地方分権」なる言葉が文字が目立ちだしました。
自民党から出馬要請を受けて東国原宮城県知事は、「地方分権を地方が勝ち取るかどうか。」だとして、出馬条件を全国知事会の提言内容を「一言一句もらさず自民党のマニフェストに盛り込む」よう迫っています。
橋下大阪府知事も、「地方分権を実現」のため、グループをつくり支持政党を表明するという。
「地方分権」って、一体どういゆうことという国民が多いのではないでしょうか。
全国知事会の提言は、国と地方の税源配分を5対5とすることや国の出先機関の廃止・縮小。国の仕事を外交や軍事、司法、全国規模の開発に限定。
こう並べると「地方分権」はすごくいいことずくめのようだ。本当だろうか。
前回総選挙「小泉劇場」ともてはやされ、「郵政民営化に賛成か反対か」だけの選択選挙とされた。
しかし、今度の総選挙はそんな単純な選択ではない。貧困格差、経済・雇用問題、消費税増税問題、平和・憲法問題などなど、日本の進路を決める諸問題での有権者の選択を求めるものだ。
マスコミも小泉劇場の再来とならないように心して欲しい。

Extra

プロフィール

多似智家

Author:多似智家
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

Flashカレンダー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

メールをおよせください

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR