Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あたらしい年の幕開けがまもなく

2008年も今日限り。
昨年の参議院選の結果、衆院と参院でのいわゆるねじれ状態での国会。
総理が2代にわたって放り出し。衆院選での勝利で挽回をねらう自民党は派手な総裁選を繰り広げ担ぎだした麻生氏が失態を繰り返し支持率は下がり、総選挙に打って出るに出れず立ち往生。
そうしたなかで、後期高齢者医療制度、定額給付金と抱き合わせの消費税増税、世界的金融危機に端を発して非正規労働者解雇問題と国民の審判を受けない政府の国民に負担を負わせる政策に国民の反撃がはじまりだした一年間でした。
とりわけ、これらのおおもとにアメリカべったり、大企業いいなりの政治があることが具体的にわかりだし、この政治を一貫して批判してきた日本共産党が注目されている。
非正規労働者の仕事と居住まで競うように剥ぎ取っていく大企業に国民の怒りが大きく、「ルールある資本主義」をもとめる声が大きくなった。
この一年、日本が新しい政治を求めての力が蓄積されてきたのではないだろうか。
あたらし年、2009年は雇用、医療をはじめあらゆる分野で国民の総反撃がおきるのではないか。その集大成が総選挙となる。わくわくするあたらしい年をまもなく迎える。
スポンサーサイト

左官職人の技「鏝絵ーこてえー」?

左官職人が左官道具の「鏝」を使い漆喰を施した土蔵などの壁におこなった彫刻です。
紹介している作品は鳥取市気高町に在住の久野一夫さん(左官一級技能士、職業訓練指導委員)が額仕立てにしたものです。
きょうは干支十二支の「申」「酉」です。
DSCN2512_convert_20081231183103.jpg  DSCN2513_convert_20081231183221.jpg
       申                酉

住居を失った人たちは今ごろどうしているだろう

鳥取地方は年末年始の天気は「雪」の予報があたりそうです。先ほど夜9時前から強い風が吹き、雷が鳴りあられが降り出しています。例年ならこれまでに積もるほどの雪が降っていたのに今年はそれがないのです。大雪にならなければいいのですが。近所にある派遣労働者の人たちが住んでいたアパートの空室が目立ちます。(カーテンのない部屋が多くなる)多くの労働者、アパートを出てどこに住まっているのでしょう。雪模様の天気に心配です。
日本共産党の鳥取県東・中部地区委員会は、26日に大規模の派遣切捨てを進める三洋電機CEに、派遣切捨てやめて雇用と地域への責任を果たすよう申し入れた。
対応した総務部長は指摘に対して社会的責任は「分かる」としながら、経営が厳しいと述べるにとどまった。
子会社に親会社から十分な説明もないようだが、そうであれば必要な情報を迅速に求めていく行動をとるのが本当でしょう。子会社だから親会社のいうがままというのはいかがなものでしょう。

左官職人の技「鏝絵ーこてえー」?

左官職人が左官道具の「鏝」を使い、漆喰を施した土蔵などの壁におこなう彫刻を「鏝絵」といいます。
紹介する作品は鳥取市気高町に在住の久野一夫さん(左官一級技能士、職業訓練指導員)が額絵のようにして作成したものです。
きょうは干支十二支の「午」「未」です。
DSCN2511_convert_20081230201904.jpg  DSCN2516_convert_20081230202002.jpg
        午              未



厳しい冬に向かう中でも春への準備

ことしもあと二日。例年に比べて雪が降らず(30日夜からは降る予報ですが)比較的暖かです。
そのためか蝋梅がもう咲き出し、甘い香りを放しています。また、木々の枝には芽を出す準備をはじめたものもあります。
厳しい冬の中でも春に向けて準備がされるのですね。
来年が今年の厳しい冬に負けることなく、あたたかい春を迎えたいですね。
DSCN2576_convert_20081229232650.jpg
甘い香りを放す蝋梅
DSCN2586_convert_20081229232743.jpg DSCN2591_convert_20081229232826.jpg DSCN2596_convert_20081229232922.jpg
   もくれん            しゃくなげ           梅





鳥取砂丘にイルミネーション

昨日の「鳥取砂丘にイルミネーション」のつづきです。聞こえる鐘の音は上のほうにツリーがあり鐘が設置されていて自由にならすことができます。ここで結婚式を挙げた人もいます。


左官職人の技「鏝絵ーこてえー」?

「鏝絵」は左官職人が左官道具の「鏝」を使い、漆喰を施した土蔵などの壁におこなう彫刻です。
鳥取市気高町に在住の久野一夫さん(左官一級技能士、職業訓練指導員)の作品を紹介しています。

きょうは干支十二支から「辰」「巳」です。
写真をクリックすると拡大します。
DSCN2509_convert_20081229225801.jpg  DSCN2510_convert_20081229225852.jpg
       辰                 巳

鳥取砂丘にイルミネーション

鳥取砂丘にイルミネーションが施されました。
想像以上に大規模なものでした。多くの人で賑わっていました。
一度いってみる価値はあると思います。
DSCN2597_convert_20081228212006.jpg  DSCN2602_convert_20081228212057.jpg
DSCN2616_convert_20081228212146.jpg  DSCN2623_convert_20081228212236.jpg



左官職人の技「鏝絵ーこてえー」?

左官職人が左官道具の鏝で漆喰(しっくい)を施した土蔵の壁などに彫刻をしたものを「鏝絵」という。
近年はこうした技を習得した左官職人は少なくなってきています。
紹介する作品は鳥取市気高町在住で、左官一級技能士、職業訓練指導員などの資格を有す久野一夫さんのものです。
きょうは?につづき干支十二支の「寅」と「卯」です。
写真をクリックすると拡大します。
DSCN2507_convert_20081228205417.jpg  DSCN2508_convert_20081228205507.jpg
       寅                卯 

餅つき

「もう幾つ寝るとお正月」
昔は年の瀬が迫ると、各家々の門先で餅つきの光景が見られた。ドラム缶を細工したクドニに薪が焚かれ、その上に大きな釜が置かれ、さらにその上に蒸篭(せいろ)が積みかねられ、もち米が蒸される。蒸篭からあがる白い蒸気に蒸しあがるもち米のいい匂いがする。
蒸しあがったもち米は臼の中に。それを杵でついていく。杵が振り上げられると脇の人が水をつけていく。もち米がつぶされやがて餅となっていく。やがてつきあがると、掛け声とともに、白い餅とり粉をまいた大きな餅板の上に置かれる。その餅を粉をうちながら細長く伸ばしながら片手でちぎっていく。それ餅板のまわりにいる子だもたちが丸めて押さえて丸い小餅にしていく。最初につきあげた餅は鏡餅にされていた記憶がある。つきたての餅に黄な粉をまぶして食べた。
いま、我が家には大きな餅板を座卓にして置いてある。正月が近づくたびにそうした光景が浮かぶ。

左官職人の技「鏝絵ーこてえー」?

「鏝絵ーこてえー」を知っていますか。

左官職人が鏝(こて)でもって民家や土蔵の壁に、漆喰によって施された彫刻です。
 江戸時代中期から徐々に盛んになり、左官職人によって支えられた文化です。多くは古い民家の屋根下の壁や戸袋、土蔵の扉部分にみられます。絵柄は家紋や七福神、金袋など様々で商売繁盛を願う縁起物が主となっています。左官職人の余技で新築の祝いや施主への感謝、家の繁栄等の願いをこめて描かれたといいます。

 最近は鏝絵が描ける左官職人は少なくなっているといいます。

 今回紹介する鏝絵は、鳥取市気高町在住で、左官一級技能士、瓦葺一級技能士、職業訓練指導員の久野一夫さんの作品です。

干支の十二支から紹介します。
DSCN2503_convert_20081227213424.jpg  DSCN2506_convert_20081227213330.jpg
      子                 牛




いよいよ冬将軍到来でしょうか

 鳥取市内は昨夜、夜半から雷がなり強い風が吹きどうしでした。

 朝4時過ぎ起きてみると道の端に薄っすらと白いものが。あられか雪のようです。

 朝の通院時の車のフロントにもあられが吹き付けます。
DSCN2565_convert_20081226212246.jpg


一日中雪が降ったりやんだり。まだ降ってもすぐに姿を無くします。
DSCN2572_convert_20081226212651.jpg

 でも、山肌に雪は残り、郊外からやってきた自動車には雪が残っていました。
DSCN2566_convert_20081226212336.jpgDSCN2573_convert_20081226212730.jpg

周りの空模様も分単位で変わってゆきます。クリスマスが過ぎ、いよいよ冬将軍が本格的にやってくるのでしょう。
DSCN2568_convert_20081226212433.jpg
DSCN2569_convert_20081226212521.jpg

DSCN2571_convert_20081226212610.jpg

ラン、らん、蘭?終わり

鳥取市の福祉文化会館で催された「蘭展」の出品作品を紹介しています。
写真をクリックすると拡大します。
DSCN2444_convert_20081225210938.jpg
DSCN2445_convert_20081225211034.jpg
DSCN2451_convert_20081225211126.jpg

いま大企業の経営者に問われること

 きょうの地元紙・日本海新聞のアシスト代表取締役のビル・トッテン氏のエッセーが載っていた。

 ビル氏はそのなかでアメリカの自動車三大メーカーの経営危機に触れながら「多くの社員をリストラして、その一方で経営トップは持てる特権は最後まで手放さない。取れるときにできる多く取り、自分だけ良ければそれでいいという態度がアメリカ式経営手段であり、それを賞賛し、模倣する日本企業が増えれば日本も同じ道をたどるしかない」と警告している。


 また「・・・企業の成功や個人の幸福は、治よければ安や社会基盤、教育などす社会からの恩恵によってもたらされるということだ。一部の人が大部分の富を手にして、大多数の勤労者が搾取されて、リストラにおびえていては、治安の良い安定した社会にならない。
 日本の経営者が、雇用の提供が企業の役割であるということに気づき、それを実現をすれば、2009年の世界経済がどんなに厳しくなっても、日本は乗り切っていくことができるだろう。
 そのためには、日本に格差社会をもたらしたアメリカ式の自由競争やめること。弱肉強食から共存共栄へ転化することだ」と。

 長い内容紹介になったが、わたしも同感だからだ。
 戦争で破壊された日本の経済を復興させたのは、一部の経営者の力ではない。多くの労働者の汗水たらして働き、経営者もそれに応えてきた。(いわゆる日本的、家族的といわれて)

 昨日日本共産党の志位和夫委員長はトヨタ自動車の古橋衛専務らと会談(歴史的、画期的)し、大量解雇を中止し・撤回し雇用を守る責任を果たすようもとめました。
 本当に日本共産党は委員長を先頭にこの間、雇用問題で機敏に行動している。(拍手、拍手)

 志位委員長はこの会談の中で、内需を低迷させたのは政治の責任とともに、大企業の企業行動にも問題があると指摘するとともに、豊田章一郎名誉会長が、終戦直後、経営危機のなかで雇用を維持するために事業を広げようとカマボコつくりの修業を行ったことにもふれ「トヨタがその社会的責任を深く自覚して、大量解雇を中止・撤回するよう重ねて求める」とのべたとのこと。

 ビル氏と志位委員長の思いに共通するものが多いと思います。

ラン、らん、蘭?

鳥取市の福祉文化会館で催された「蘭展」の出品作品を紹介しています。
写真をクリックすると拡大します。
DSCN2442_convert_20081225210746.jpg
DSCN2443_convert_20081225210847.jpg
DSCN2444_convert_20081225210938.jpg

消費税増税反対が圧倒的

 今日12月24日は、国民の大反対を押切って、しょうひぜいの導入を決めて満20年となる日です。

 消費税をなくす鳥取県の会と消費税廃止鳥取県各界連絡会は、鳥取市のJR鳥取駅北口で消費税増税反対を訴える街頭宣伝をおこないました。
写真をクリックすると拡大します。

 参加者8名はハンドマイクを使って「消費税は国民にいっそうの負担を負わせる悪税です。増税にきっぱり反対しましょう」と訴えたり、DSCN2559_convert_20081224225540.jpg

 ビラ配布配布やDSCN2560_convert_20081224225630.jpg
DSCN2561_convert_20081224225714.jpg

 増税反対の国会請願署名を集めました。DSCN2553_convert_20081224225409.jpg

 また、サンタに扮した会員が「消費税増税に反対それとも賛成」と問うシール投票を呼びかけました。シール投票には多くの人が「投票」しました。DSCN2555_convert_20081224225456.jpg

年配の婦人は「給付金はいらん。これ以上消費税があがると暮らしていけませんで」と増税反対に赤いシールを貼りました。女子高校生は「わたしももちろん反対。麻生さんハヨー(早く)やめればいいのに」とやはり反対の欄にシールをはります。

 シール投票の結果は増税反対48票、増税賛成3票でした。署名も38筆集まりました。

 それにしても麻生首相わからんのかなー。「景気がよくなったら増税」と繰り返しいっているが、消費税の増税が景気を悪くする元凶だということが。

ラン、らん、蘭?

鳥取市福祉文化会館で催された「蘭展」の出品作品を紹介しています。
写真をクリックすると拡大します。
DSCN2447_convert_20081224221508.jpg  DSCN2448_convert_20081224221611.jpg

DSCN2449_convert_20081224221741.jpg  DSCN2450_convert_20081224221845.jpg


  

民主党なにをやっているの

 民主党がまたまた「奇襲作戦」で解散・総選挙にもってゆきたいらしい。

 来年1月5日からの国会で提出される第二次予算で定額給付金予算を切り離さなければ、国会審議をストップさせる「作戦」を取るらしい。

 小沢氏の一言で実質効力もない「解散決議案」を考えたりと、国会解散・総選挙に持ち込むためにと、手前勝手のあの手この手の策を考える。

 先の三党提出の雇用関連4法案の参院の委員会の理事の話し合いのときにも強行採決せず、審議継続を民主党も了解まとまりかけていたが、突如入ってきたメールで態度が豹変、強行採決に態度を変えたという。与野党力あわせって緊急に対策を組まなければならない雇用問題対策の道を閉ざした。この責任は大きい。

 なぜ堂々と論戦を麻生首相に挑み、正道で解散・総選挙に追い込まないのか。
 野党第一党ならそれらしい行動をとって欲しい。

ラン、らん,蘭?

鳥取市の福祉文化会館で催された「蘭店」に出品された欄の花を紹介しています。
写真はクリックすると拡大します。
DSCN2438_convert_20081223222504.jpg  DSCN2439_convert_20081223222631.jpg

DSCN2440_convert_20081223222755.jpg  DSCN2441_convert_20081223222907.jpg



少々食傷気味のイルミネーション

 12月に入ると、日が落ちるとともに街のあちこちが赤、青・・多彩な電気の光がチカチカと光りだす。
街路樹、家々のベランダや庭、建物全体が。街中をはずれても田の中、橋の全体が。規模も庭の片隅のものから、わざわざ大型の造形物を作ってまで。

 そう、イルミネーションという、小さな電球を使い飾りつけるもの。

 いつごろからこんなにはやりだしたのだろうか。
あの阪神・淡路大震災の後、犠牲者を鎮魂するためにと1995年(平成7年)に「神戸ルミナリエ」がはじまってから、急に増え出したようにも思います。

 鳥取市のメインストリートの若桜街道の樹木にも施され青い電飾がチカチカ。驚いたことには若桜橋の欄干にまで飾り立てられていた。

 非正規労働者を多数リストラをおこなった三洋電機まで、街路沿いの建物を青色を基調にした電飾をおこなっている。華やかな電飾の光の陰では、職を失い、住居を失い、年越しもままならない労働者がいると思うとなぜか違和感を感じる。

 街中にあふれるイルミネーション。少々食傷気味なのは私だけなのでしょうか。地球にやさしくといいながらどうなのでしょう。


ラン、らん、蘭?

鳥取市の福祉文化会館で催された「蘭展」に出品された蘭の花を紹介します。
写真をクリックすると拡大します。
DSCN2433_convert_20081222205252.jpg  DSCN2434_convert_20081222205516.jpg
DSCN2435_convert_20081222205645.jpg  DSCN2436_convert_20081222205819.jpg



冬の寒さが身にしみます。

 今日は冬至。一年で一番日の短い日といいます。いま(21時23分)外では、冷たい雨が降っています。天気予報では冬型の天候に変わっていくとか。

 当地は例年はクリスマスイブにはある程度まとまった雪が降りますが今年はどうでしょう。
 
 だいぶ前の話になりますが、12月の24日の夜、集会を終わって外に出てみると雪景色にびっくり。帰宅のためのバスに乗ったものの急な積雪で道路は大渋滞。普段は20分程度で帰り着くのに結局3時間近くかかり、帰宅したらもうすぐ暦がかわる時間になっていた。

 ところで、停車中に玉突き追突されて3ヶ月以上経過した。正月も近く切をつけようとした、天候が悪く寒さが厳しい日には右上肩がきりきりと痛む。うっとうしくなる。周りの人からは「寒くなるといたむよ」といわれるがその通り。でも、こんな状態がこれからも続くのでしょうか。あーあ。

ラン、らん、蘭?

鳥取市福祉文化会館で催された「蘭展」に出品された蘭の花を紹介します。
写真をクリックすると拡大します。
DSCN2429_convert_20081221205738.jpg  DSCN2430_convert_20081221205854.jpg

DSCN2431_convert_20081221210001.jpg  DSCN2432_convert_20081221210120.jpg


政党助成金交付される

 19日には、2008年4回目の政党助成金が、受け取りを拒否している日本共産党以外の政党に総額79億8500万円が交付された。

 政党助成金は年4回(4月、7月、10月、12月)に分けて交付され、年間総額319億4千万円にもなる。 各政党の年間交付額は以下のとおり。
自民党158億4200万円
民主党118億7800万円
公明党 27億3000万円
社民党  9億 200万円
国民新党 3億8300万円
新党日本 2億 300万円

 国民一人当たり250円の税金が支持しない政党にまで使われる。

 日本共産党は思想・信条の自由を侵すとして当初から廃止を主張し、受け取り拒否している。

 そもそも、政党の活動資金は自らの政策を訴え、支持をうけて募金を募るのが正道。

 これだけ国の財政が大変、消費税を引き上げてさらに国民負担を増やそうとしているのに、口をつむぎ懐に入れるとは腹が立つ。

 政党助成金を返上し、リストラにあい、あすの生活にも困っている日正規労働者の救済に当てようと
気持ちにはならないのか。国会議員はボーナスももらい、そのうえにこの政党助成金で「モチ代」なるものを所属政党から受け取る。

 ああ、二重、三重に腹が立ってくる。

 民主党は小沢氏の意向で、参院で強行採決・可決した雇用対策関連4法案が衆院で否決されら、衆議院解散を求める決議案を提出する方針を決めたという。決議案がとおるみこみもないし、たとえ通うても拘束力はないという。
やみくもに「解散、解散」をあの手この手でこぶしをあげる民主党。緊急の雇用対策にまじめに取り組んでほしい。

ラン、らん、蘭?

鳥取市の福祉文化会館で催された「蘭展」に出品された蘭の花を紹介します。
写真をクリックすると拡大します。

DSCN2425_convert_20081220205814.jpg  DSCN2426_convert_20081220205940.jpg
DSCN2427_convert_20081220210053.jpg  DSCN2428_convert_20081220210213.jpg



各党は深刻な雇用問題に真剣に取り組め

 民主、社民両党は、国民新党とともに提出した雇用対策四法案を昨日参院厚生労働委員会で強行採決し「可決」さしたが、きょうの参院本会議でも自民、公明両党と共産党の棄権の状態で採択、可決し衆院に送付された。審議時間約2時間半だった。

 雇用問題が日を追って深刻化しているなかで、緊急の雇用対策が必要ではある。しかし、審議をつくさないでいいということにはならない。

 第一参院で可決したとしても、いまの国会では衆院で否決されればそれまでである。
民主、社民両党は、この法案が通さなかったのは与党だと非難し、国民を味方につけようとするパホーマンスのためなのか。

 雇用問題をもてあそぶべきではない。

 「年を越せない労働者を一人も放置させない」ために、与野党を超えて一致可能な課題を見つけていくことこそいま各政党の責任ではないか。

 共産党が深刻な雇用危機打開のために各党協議を呼びかけているが、理が通っている。
格好だけの角突合せしていないで、政治の責任を果たしてほしい。

 日の遅れがより事態を悪いほうに進ましているのだ。

ラン、らん、蘭?

先頃、鳥取市の福祉文化会館で催された「蘭展」に出品された蘭の花を紹介します。
写真をクリックすると拡大します。
DSCN2421_convert_20081219230822.jpg   DSCN2422_convert_20081219230955.jpg

DSCN2423_convert_20081219231313.jpg   DSCN2424_convert_20081219231424.jpg


消費税増税に固執

 政府の経済財政諮問委員会は、16日社会保障と税制の中期プログラム案を取りまとめた。同案では「消費税を含む税制抜本改正を2011年度(3年後)より実施」と明記したと報道された。一方では法人課税についてrは「法人実効税の引き下げを検討する」としているとか。

 何のことはない、またまた国民には増税負担を課せながら、大企業には減税してするという、従来のパタンではないか。
 同案では、税制「抜本改革」のために必要な法制上の措置を「10年にあらかじめ講じておく」とも明記されているという。

 麻生首相は「消費税(増税)を含む税制『抜本改革』の開始年次、法律を制定する年次、実現のための具体的道筋と内容が盛り込まれており適切だ」と同案を評価しているそうだ。
麻生首相、本当に国民の生活実態を知らなすぎるにも程がある。麻生首相は「イギリスは消費税を下げたというがまだまだ日本より税率は高いよ」とういっているが、税率数字は高くても、くらしに直結している食料費などははずされている。

 まー、これほどあけすけに国民負担増を総選挙前に一歩も引かない首相もめずらしい。
消費税増税ストプさせる確かな保証は、一貫して消費税に反対を主張し、具体的にも国会で反対の論戦、行動を起こす日本共産党を総選挙で躍進させることだとおもう。

 24日には消費税をなくす鳥取県の会と消費税廃止各界連とが鳥取市のJR鳥取駅北口で増税反対の街頭宣伝を行う計画している。ぜひ成功させて、増税ストップをの力にさせたい。

エビさんカニさんそしてお魚さん(21)終わり

鳥取市賀露の「かにっこ館」に展示されているエビ、カニ、魚を紹介します。

写真は魚の「ハリセンボン」カニの「ハリセンボン」

魚の「ハリセンボン」はフグの仲間だが毒はない。変わりにウロコが変化したトゲ(針)を持つ。危険を感じると体を膨らませて全身のトゲをたてて身を守る。実際のトゲは400本程度。暖かい海に住むが鳥取には海流に乗ってくる。
DSCN2155_convert_20081218212431.jpg

カニの「ハリセンボン」は体もトゲ(針)もあまり大きくはないが、名前のとおり体中にするどいトゲを持つ。鳥取県では水深100メートル程の海底にいる。
DSCN2157_convert_20081218212559.jpg

所持金9円。コンビに強盗犯。

 15日コンビに年配の男性が刃物を持って女子店員を脅し、お金を奪おうとした。しかし、女子店員が非常ベルを鳴らした。男性は何も取らず逃走した。しかし、翌日男性は交番に自主してきて逮捕された。男性は職を失い2日間水しか口にしていなく、所持金は9円だったという。
きょう小さな集まりでこの事件についてこんな会話がされた。
A「なんで自首してきたのだろう」
B「逮捕された方がええと思ったんだと思う」
A「何でだ」
B「逮捕されりゃしばらくは食事はきちんと出るし、第一雨風防げる部屋の中で寝れるがー」
A「そんなー」
B「でも、切羽詰ったらそうでもしてでもということもありゃせんか。アメリカなんかでは生活に困るとわざっと犯罪を起こして逮捕されることを繰り返す者もおるとゆうで」
A[そんなら今みたいに非正規の人が首を切らりゃりょうるけど、こんな事件が増えるということだが」
B[そうだで。」
A「あー悲しいなー。麻生さんはこんなに国民が困っとることをわかっとらんで。テレビでみとってもまるで他人事みたいな受け答えだもん」
B「しっかりしてといらいらするなー」

Extra

プロフィール

多似智家

Author:多似智家
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

Flashカレンダー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

メールをおよせください

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。