FC2ブログ

Entries

後期高齢者医療制度がはじまる以前に・・・

後期高齢者医療制度への怒りは収まらない。この制度が始まる以前にこんなことを体験している。
わたしの母は96歳。1月に高熱がつづき日曜日に救急医療病院になっていた鳥取市内のH総合病院連れて行った。診断の結果「尿毒症」で、高齢でもあり即入院治療となった。一週間入院、医師、看護師の手厚い看護を受け退院した。その後、二週間たってまた高熱がでた。普段の日だったが、症状がこの前と同じと感じ、またH総合病院の連れてゆき診察を頼んだ。ところが若い男性の医師は、母を連れ診察室に入り、椅子に座るか座らないうちから、診察もせず、「なぜ、ここにつれてきたか。普段糖尿病などでみてもらっている医者の許可をとってきたか」と強い口調で問い詰める。わたしは「なぜ」とわけがわからなかった。「前回みてもらっていて、同じような症状ですし」というと「まずは主治医にみてもらってからくるのがルールだ」といい、あげくのはてに、カルテを見ながら「わたしならこんな症状なら入院などさせていない」とまで言い出す。高熱で苦しんでいる患者を診察もせず、最後には「わたしは泌尿の専門でないから」と完全に診察拒否した。後期高齢者医療制度では「主治医の一括管理」となっている。今にして思えば実施前からこの医師は制度の先取りをしていたのだ。思い出してもはらわたが煮えくり返るほど腹が立つ。この制度なんとしても中止、廃止させなければならない。

憲法を守り生かすこと

昨日東京で国民救援会の創立80周年記念講演がおこなわれた。「9条の会」事務局長の小森陽一東京大学教授が憲法をめぐる情勢と「九条の会」の課題と題して講演された。そのなかで、小森氏は自民党の「新憲法草案」そのもので改憲の危険な内容を語り知らせることが重要だと強調された一例が現j憲法の重要な要、第二章「戦争の放棄」「安全保障」に変えられ、9条2項の陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。がばっさり削除されている。これに変わり、自衛軍を保持する。海外での活動を認める。とされている。これから、ここでも順をおって知らせてゆきたい。

支持しない政党に寄付っておかしいよねー

自民党=158億4200万円(4・5%減)民主党=118億7800万円(7・4%増)公明党27億3000万円(2・7%減)社民党=9億200万円(6・8%減)国民新党=3億8300万円(16・6%増)新党日本=2億300万円(134・1%増) 総額319億4100万円 この膨大な金額なにかわかりますか。 これは2008年度分の政党助成金の総額と各党への交付額です。わたくしたちの税金が支持しない政党にも寄付(交付)されることになる。労せずに受け取る巨額の金額。本来は政策を訴え、支持を得て国民個人から寄付を得るのがまっとうではないか。国の財政が大変だ、消費税増税、福祉予算きり捨てをおこない、また批判をしながら受け取るとは納得がいかない。日本共産党は政党助成金は思想・信条の自由を侵す制度として導入に反対し、この受け取りを拒否しているというが、それが政党本来の姿勢だろう。ちなみに、民主党が個人から集めて一年間の寄付額30万円に満たない。民主党なさけないとは思わないか。

名前だけ変えて・・・・・

4月1日からはじまった老人切捨ての「後期高齢者医療制度」に国民の怒りは止むどころか、中身を知れば知るほどに怒りの輪が広がっている。これに慌てたのか福田首相ネーミングが悪いのだと「長寿医療制度」に変えるよう指示を出したいう。国民の怒りがわかっていない。ネーミングも悪いが制度の内容が問題なのに。どうしようもない福田内閣だ。後期高齢者医療制度の廃止の運動を強め、退陣・解散で新しい政府をつくらなければだめですね。

わたしにもそのビラください

今日4月1日は消費税が導入されて20年目となる短時間ではあったがJR鳥取駅前で消費税を無くすか会と消費税廃止各界連絡会とで街頭宣伝をおこない、ビラ配布と署名をあつめた。消費税をなくす会の小橋代表世話人がマイクで、消費税導入がいつも福祉向上、社会保障充実といわれてきたが、実際はまったくの逆。この間国民が支払った消費税188兆円、一方で大企業などの減税額155兆円、なんのことはない減税の穴埋めに使用されていることを紹介。いままた政府、自民党、公明党、財界、そして民主党も10%へ引き上げを狙っていることを知らせました。税金の無駄づかいをやめれば増税は必要ないことを米軍への思いやり予算、むだな道路建設などの実態を話し訴えました。
街頭宣伝を終わり、片付けをしていたら客待ちをしていたタクシーの運転手さんがやってきて、いま配っていたビラをくれといわれました。署名もお願いすると快く応じてくださり「国民をいじめるような政治はやめさせんといけん。がんばってよ」との声もかけてくださいました。大感激です。

Extra

プロフィール

多似智家

Author:多似智家
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

Flashカレンダー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

メールをおよせください

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR